腸内環境と整えることで肌にも影響が…

母は深刻なアトピーです。
どうやら遺伝していたみたいで。
私も同じくアトピーになってしまいました。

肌がボロボロになってしまって、日々の保湿ケアが欠かせません。
スキンケアをきちんとしないと、外にいくのも難しいのです。
母を憎むつもりはないのですが、私の子供に遺伝してしまったらと思うと、絶望的な気持ちになります。

インフルエンザは風邪と比べて別のもの耳にします。
大体、1日から5日くらいの潜伏期間を経て、急に高熱にまで達し、その状態が3日から7日続きます。
タイプによって、関節の痛み、腹痛や下痢など症状に少しのが見られます。

時として、肺炎を併発したり、更には脳炎や心不全を起こす事もあるため、甘くは見ることはできない感染症です。
通常、アトピー性皮膚炎にかかっている人の角質層はセラミドが問題がない状態のときよりも少ない状態になっていて、お肌のみずみずしさやお肌を守る機能が低くくなっています。
これを補い正常に戻すには、保湿することがとても大事です。

そのために、お肌の表面を保護して、水分が蒸発しないように保湿剤を塗ることが必要なのです。
いつ頃の話でしたか、夜中に高熱におそわれて、40℃ほどまで上がって体調が悪かったので、翌日受受診しました。
結果、インフルエンザの検査が受けられますよとおっしゃいました。

私も、もし、インフルエンザにかかっていたら、それに効能のあるお薬を処方してもらえるので、調べたいと念じました。
ぱっと乳酸菌から連想されるのはカルピスかもしれません。
小さかったころから、毎日飲用していました。

その理由は乳酸菌が入っているからです。
お母さんが毎朝、私に飲ませてくれました。
そのため、私は便秘で苦しんだことがないのです。

きっと、カルピスを飲み続けていたので丈夫な体になりました。
便秘に良い食べ物は、水分や食物繊維、乳酸菌が豊富な 、発酵食品等です。
苦しい便秘の方は、とにかく便が固く腸内に 滞った状態に至っています。

この状態を改善することで、、便を出やすく柔らかくするため、真っ先に水分と水溶性の食物繊維を摂りながら、乳酸菌で腸内を整えるのがいいでしょう。
おならの臭気に悩んでいる方は乳酸菌が有効です。
おならの臭気の原因は腸の悪玉菌によるものだとされています。

そんなわけで、腸の善玉菌を増やすことで、悪玉菌の増殖を防止する働きのある乳酸菌を積極的に、継続して摂ることで臭気をだいぶ抑えることが出来ます。
最近、乳酸菌がアトピーをよくすることが解明されてきました。
ご存知の通り、アトピーの引き金となるものは様々ですが、日々蓄積されたストレスや偏食などによって引き起こされる場合もあります。

また、アトピー患者の多数は腸の状態がよくないため、乳酸菌を使って腸内環境を整えることが完治するための方法となるわkです。
実はアトピーは、乳酸菌の摂取を積極的に行うと、改善できることもあるといいます。
腸内にアレルギーを起こす原因物質が進入してしまうと、IgEという抗体が生まれます。
そしてこのIgEという抗体があまりに多く作られてしまうと、体内では過剰反応を起こしてしまい、アレルギーが起こってしまうのです。

これがアトピーの原因だとされているのですが、実は乳酸菌にはIgEが大量に発生することを抑制する働きがあるのです。
最近の研究成果でインフルエンザを予防していくには乳酸菌が高い効果を誇るということが分かり始めてきました。
というのも、インフルエンザといったものはワクチンだけで全てを防ぎきることは出来ません。
日頃から乳酸菌をしっかり取り入れることで免疫力が高くなって、インフルエンザ予防になったり、症状を軽くしてくれる効果が高まると言われます。

アスミール 効果

カテゴリー: 未分類 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です